Search

パートとアルバイトの違い

アルバイトの募集を探していると「パート・アルバイト募集」と書かれているものをよく見かけます。なんとなくパートは主婦、アルバイトは学生というイメージを抱く人が多いでしょう。しかしどちらも時給制で基本的には自分の希望のシフトを入れることができます。ではこの2つの違いは一体なんでしょうか。

アルバイトは、「労働(Arbeit)」という意味のドイツ語です。明治時代の学生が、学費や生活費の足しにするために仕事をするとき、日本語で「仕事に行く・働きに出る」と言わずに、少し格好をつけて「アルバイト」と言ったことが始まりでそれが広まり、以降日本では学生が学業もしながら働くときに使われるようになりました。それが今でもずっと残っていて、「バイト」と略して使うようになっています。
アルバイトをしているのは学生だけではありません。定職を探しながらや、芸能活動を夢見て頑張りながらアルバイトをしている人たちもいます。要するに「本分が他にある人が、お金を稼ぐために空いた時間で働く」という意味で使われているのです。
また、特に本業がなくアルバイトだけで生活費をまかなっている人を、フリーターと呼ぶこともあります。

一方のパートですが、こちらは英語の「パートタイムジョブ(Part-time job)」から来ている言葉です。フルタイムで働く正社員より1日の労働時間が短いということで「パートタイム」、そうした働き方を指す「パートタイムジョブ」という意味です。
日本では、子育てや家事をするため、フルタイムで働くことは難しいという女性のための働き方として定着しました。その影響で、パートといえば主婦というイメージが一般的になったと思われます。
近年では、定年退職した男性が年金暮らしだけでは生活費が足りないので、フルタイムよりは体への負担が軽いパートで働き始めるというパターンも増えています。パートとして働いている、結婚している女性だけではなくなってきているのが現状です。

それぞれが普及した背景はあるものの、法律上、パートとアルバイトの定義や区別は存在しません。言ってしまえば、どちらもフルタイムより短いので「短時間労働者」という同じくくりなのです。パートと呼ぶのかアルバイトと呼ぶのかは、企業ごとに決めているもので、それによる特別な差はないと言っていいのではないでしょうか。

©アルバイトのカタチ . All Rights Reserved.