Search

カラオケでアルバイトする前に知りたい!カラオケバイトのメリットとデメリット

メリット・デメリットという言い方をすると、まるでその仕事が自分にどんな得をもたらしてくれるのか考えているように聞こえてくるかもしれません。しかし、メリット・デメリットを知ることの本当の目的は、その仕事が自分に向いているかどうかです。一般的にメリットと言われるものも、人によってはデメリットに感じる場合もあります。その逆もしかり。
今回のコラムで紹介するメリット・デメリットから、果たしてカラオケでのアルバイトが自分に向いているかどうか考えてみましょう。

カラオケアルバイトのメリットとは

一般的に、カラオケのアルバイトは10代や20代の方が多く働いている傾向にあるようです。なので同年代の人たちにとっては、友達を増やすことが出来るというメリットがあります。また、お客さんも若者が多く、お客さんとして会った人と気が合うことも。ある意味出会いの多い場でもあるのです。
次に挙げられるメリットは、フードメニューの多くがレトルトであるので、初心者でも簡単に作ることが出来るということです。ドリンクもドリンクバーを設置してお客さんが自分で取りに来るというお店が多いので、その分覚える内容が簡単になります。
また、平日昼間はお客さんが少ないのでのんびりできたり、平日の深夜ならばそれに付け加えて時給が高くなるというメリットもあります。

カラオケアルバイトのデメリットは、次のようなものが考えられます。まずはお客さんのマナーの悪さです。全員ではありませんが、カラオケをよく利用する若い方々にはマナーが悪い人たちもチラチラといます。そういうお客の相手で疲れて嫌だという人も少なくありません。
さらにはお酒も飲めるので、よってグラスを割ったり、トイレや部屋でもどしてしまうお客さんも稀にいます。それらの掃除は精神的に疲れるものです。
さらにはフード・ドリンクの配膳も、お店が4階建てや5階建てだと、階段を使って運ばないといけない場合が多々あります。カラオケのアルバイトも体力は必要です。

どんな人が向いてるの?

最後にカラオケのアルバイトに向いている人について触れます。
まず考えられるのは、明るくて最新の音楽などが好きな人です。集まるのもそう人が必然的に多いので、逆にコミュニケーションが苦手で愛想も良くできないという人は、避けた方が良いかもしれません。

©アルバイトのカタチ . All Rights Reserved.