Search

アルバイト面接時にふさわしい服装とは

アルバイトを応募するにあたり、バイト先に面接をしに行くことになりました。この場合あなたならどんな服装をして、アルバイト先に行きますか?
就職活動の面接であれば、スーツというイメージがありますが、バイトになると果たしてどうなるのでしょうか。
どんな服装をすれば良いか正直よくわからない
という意見が多いのではないでしょうか。
そこで、今回はアルバイトにふさわしい服装について考えていきましょう。

アルバイト面接時に適した服装とは

 
それでは、一体どのような服装であれば問題ないのでしょうか。
ポイントはいくつかあると言われています。簡単にポイントを見ていきましょう。

1、スーツがベストであるとは限らない
面接ということで、スーツで面接に臨むということも1つの方法であると言えます。しかし、アルバイトにスーツで面接に行ったら向こうも斜に構えてしまう可能性がありますよね。スーツでピシっと決めて面接に臨むことも大切ですが、状況によってはそうでない方が良い事もあります。

2、相手に不快を与えない
相手が不快と感じるような服装をしていくのは危険と言えるでしょう。
例えば、あなた自身が夏なので半ズボンで面接に行った場合、
面接官によっては、この人半ズボンで面接に来たのか。面接を軽いものとなめているな。と思うかもしれません。そのため、ラフすぎる服装を選ぶのは好ましくないと言えます。相手の立場に立ったときに、この服装をすることで相手はどんな気持ちになるのか?ということを考えておく事も重要なポイントと言えるでしょう。

3、清潔感のある服装を選ぶ
不快感を与えないポイントの1つに、清潔感のある服装を選ぶ事も大切です。
よれよれの服や、シワだらけのものを着ていくと、いくらしっかり仕事が出来るとアピールをしても、本当なのか?と思われてしまう可能性があります。そのため、清潔感のある爽やかな服装を着ていくように心がけましょう。

4、派手なものは避ける
女性は特に気をつけないといけませんが、派手目の服装を避けるように心がけましょう。高校生や学生の中には個性的なファッションを好む人もいますが、個性的なファッションだと面接時に驚かれることもあるので、あまり派手目のもので行く事は避けるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか、面接時に好印象を与える服装について考えてきました。大切なのは相手に良い印象を与えることが出来るかということです。好印象を与える事ができれば、採用が一気に近づくので、今までうまく行っていなかった人は一度やってみてはいかがでしょうか。

©アルバイトのカタチ . All Rights Reserved.