Search

音楽に関する知識や感性を活かせる!CD・DVDショップ店員

古くから人々は音楽に親しみ、CDショップは生活の一部になっています。CDに加えて映画やライブのDVDを販売する店舗もあります。そこで働くアルバイト店員はどのような仕事をするのでしょうか?

業務内容はレジ業務から商品の陳列・整理や商品の発注など在庫の管理などが中心ですが多岐に渡ります。

在庫の管理は多すぎると商品が余ってしまい、少ないとすぐに売り切れて店の売り上げに響いてしまうので難しい仕事です。その他にも万引きの見回りやPOP製作、店内清掃などがあります。

CD・DVDショップの陳列棚に目立つように配置されているPOP。これはアルバイト店員が作成していることがあります。

数あるショップの仕事の中でもPOP作成は、花形の仕事といえます。

POP製作はいかにお客様の目を引くように作るかがポイントです。文字の配置や書体、大きさなど気を配るところが多く、商品に興味を持ってもらうためには重要な道具です。POPのなかには、歌手のファンが店にやってきて、そこからファンの間でそのPOPが評判になり店舗が聖地になることもあります。POP製作は店にとって重要でやりがいのある仕事です。

CD・DVDショップの店員として音楽に関する知識は必要とされます。

お客様の中にはよくタイトルが分からなくても、気になった曲を探してお店に来る人もいます。また、最近のシングルCDやDVDは初回限定版や通常盤など同じタイトルで複数のシングルやソフトが発売されることがあります。そのため、お客様からの問い合わせに対して求めているもの正確に割り出して探す必要があります。そのため、音楽に対する知識や商品に関する情報を把握することも大切です。

CD・DVDショップが忙しくなるのは土日です。

週末はたくさんのお客様がやってくるので忙しくなります。さらにクリスマスの前や年明けは、子どものプレゼントやお年玉を使う子どもで来店客が多くなります。レジは忙しくなり、商品券などの扱いも増えて大変になりますが、その分成長できる時期です。

店員の募集は求人情報誌などに掲載されているので、気になる求人があればまずは応募してみましょう。

©アルバイトのカタチ . All Rights Reserved.